トリミングサロン独立・開業は技術よりも”立地”と”料金”が大事

トリミングサロン開業・トリマー独立

あなたがトリマーで独立を考えていて、新たにトリミングサロンを開業する場合、一番必要なのは「技術」だと考えていませんか?

完全な不正解ではありませんが、正解ではありません。

 

もちろん、技術も大事ですが、それ以上に大事なのは「立地」「料金」の2点。

なぜ、技術以上に立地と料金が大事なのかを解説していきたいと思います。

 

技術は大事だが、それだけではお客さんはこない

なぜなら、技術に関しては他店との比較になるため、他店の技術が素晴らしければ、あなたの技術は低く見られてしまいます。

そのため、大事なのは立地の競合に合わせた料金なんです。

 

トリミングサロンを開店させる立地の競合店をリサーチして、技術やサービス内容・料金設定などを比較、自分のお店が戦える料金にすることが勝負に勝つポイントになります。

 

もちろん、技術があれば優位に立ちやすいので、技術があるにこしたことはありません。

ただ、それだけで勝てないのが、経営に面白いところなんです。

 

トリミングサロンの開業は技術が下手でも経営できる

極論に聞こえるかもしれませんが、実際にそうだと確信をしています。

なぜなら、1店舗ですべてのお客さんの要望を叶えるのは不可能だからです。

 

たとえば、競合が技術に優れ料金も高いというケースで考えてみましょう。

その場合、自分のお店では短くなっていればいいというお客さんに、低価格でサービスを提供をすれば、それが他店にはない強みになります。

 

とにかく安く仕上げたいというお客さんは少なくないので、それだけでも経営はなりたつはずです。

ただ、競合の技術が優れ料金も安いということなら、違う戦略を練らなければいけません。

しかし、競合というのは毎年現れるようなものでもないので、やはり立地と料金のほうが大事です。

 

どの立地なら新規店舗が勝てるのか

技術に自信がなくても大丈夫といいましたが、できれば競合が多い中で経営をするのは大変です。

そのため、なるべく戦わずしてかてる「自分の場所」を探しましょう。

 

たとえば、地方でトリミングサロンが少ない場所というのは少なくありません。

地方だから犬を飼っている頭数は都心に比べると少ないかもしれませんが、競合が少ないので商圏がとても広いです。

当店では一番遠いお客さんで30kmかけてトリミングに来てくれるお客さんもいます。

 

立地のリサーチの仕方

実際に候補地の日中に必ず行ってみましょう。

また、朝方や夕方に犬の散歩をする人が多いので、できればこの時間の犬の散歩状況を確認をしておいたほうがいいです。

また、経済の規模も安定している方が、犬を飼う経済的な余裕があります。

 

地方の場合、車での移動がメインとなるため商圏が20kmくらいまで広がります。

その商圏での競合店のリサーチも合わせて行いましょう。

 

安易な値下げはすべきでない理由

当店でも一度、値段設定が高かった犬種で、値下げをしたことがありますが、お客さんが増えるということはありませんでした。

この値下げは誤った判断だっと今も後悔しています…

 

値下げをするくらいなら、サービスを拡充して料金以上付加価値を提供すればいいだけです。

 

付加価値の付け方はトリミングだけではなく、さまざまな方法があります。

お客さんに「この値段でこれだけのサービスをやってくれればお得だな」と思わせることができる店舗を目指しましょう。

 

行動できる人が少ないから、独立してもやっていける

トリミングが上手い人でも、将来が不安でなかなか独立できない人は山のようにいます。

しかし、技術には自信がなくても、大きなことをやってみたいという、無謀に思える挑戦をしている人のほうが、案外成功者に多いです。

良かったら以下のアンケートに答えてみてくださいね。

売上アップに繋がる深い情報はnoteで無料発信中
このブログでは基礎的な部分を中心に記事を書いていますが、noteではより深い部分に切り込んで記事を書いています。 さらに売上を上げたい人はnoteの記事も合わせて読むのがオススメです。 noteもフォローしてもらえれば、最新の情報も届くようになるので、良かったらフォローしてくださいね。
トリミングサロン開業・トリマー独立
この記事が役に立ったらシェア!
yuuをフォローする
トリマーワーカー

コメント

フォローする

Twitter でフォロー