とりあえずやってみる、それが大事

何事も行動してみる。それが一番大事。


私が商売をしていく中で大切にしているのは、とりあえず行動してみる、ということ。


知識をインプットするだけでは自分の血肉になっているとは言えません。


実際に行動をしてみた結果、その後に何が残ったかというところまでが大切で、失敗しても成功しても、自分でやった結果というのが残せることが大切だと思います。


何もチャレンジせずに知識だけが膨らんで頭でっかちになってしまうのが一番怖いことだと思っています。


もちろん、限りある時間の中で行動できるということにも限度があるので、個人的に行動に移すことが以下の該当するものであれば、行動に移すようにしています。

・面白そう
・お客さんにも店にもメリットがある
・長期的な自分の理想を達成できる


主にこの3つが行動する理由になっています。

・面白そう

まず、面白そうだからとりあえずやってみることは意外と多いです。

これは主に新しいことにチャレンジをするときなんかに、面白そうかどうかで判断することがほとんどです。

つまらないけど売上になるというのは選択肢から外すようにしています。

面白いことをやっていれば、仕事もプライベートの全部楽しめるようになれます。

独立してから仕事するの嫌だなと思ったことは一度もなくて、それは面白いことだけで仕事をしているからだと思います。


・お客さんにも店にもメリットがある

次にお客さんにも店にもメリットがあることは積極的に取り入れるために行動をします。

ただ、店側としてデメリットがものすごく多ければ、お客さんのメリットが多くても取り入れないです。

例えば、送迎はお客さんとしてはメリットが非常に高いサービスだと思いますが、店側としては時間コストが掛かりすぎるので送迎サービスは導入していません。

こんな感じで、お客さんと店の両方にメリットがあるものは積極的に取り入れるために行動に移しています。




長期的な自分の理想を達成できる
例えば、開業をすることも長期的な自分の理想を達成できるための目標だと思います。

開業した人はお客さんにこんなサービスを提供して喜んでもらいたいというのも常に考えていると思います。

3〜5年後くらいに自分が達成したい目標のために行動に移すということは大切です。

自分の理想のために少しずつ、でも着実に行動に移していくことは自分の人生を豊かにします。

もちろん、その長期的な自分の理想を達成できる目標を願っているだけでは一生達成することはできないので、願望を思考することで行動に移すことが大事だと思います。

強くその目標のことを毎日考えてたら、自然と目標が達成できたという人の話をたまに耳にしますが、毎日考えることができる目標であれば、体が自然と目標達成のために動くようになるので、結果としてその目標が達成できたということになります。


私はこの3つのどれかに当てはまれば、迷うことなくその目標を達成するためのタスクを考えて、そのタスク一つ一つをクリアしていくゲームのような感覚で行動しています。

ゲーム感覚でものごとを考えるのは、人によっては悪い意味で捉えられることもありますが、私は楽しんで行動するなら、それはそれで良いと思っています。


自分がやりたいからやる、楽しみたいからやる、行動の理由なんてそれだけ十分です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる