表には出さない濃い情報を読みたいあなたへ…

LINE@登録者限定記事(不定期配信)を読みたい方は、LINE@へ無料登録をしてください。
バックナンバーのパスワードは再配信しないので、早めの登録がオススメです。

LINE@登録者限定情報を受取る

トリミングサロンは猫のカットも始めたほうがいいのか?メリット・デメリットを解説

トリミングサロンは猫のカットも始めたほうがいいのか? トリミングサロン売上げアップ

猫の飼い主さんが増えたいま、猫トリミングを検討しているトリミングサロンも多いと思います。

単純に犬だけではなく、猫も含めればシンプルに売上は伸びると思いますが、さまざまなデメリットも多いんです…

そこで、猫トリミングメリット・デメリットを解説していきます。

ただ、結論から言えば、わたしはできるなら猫トリミングもやっておいたほうがいいと思います。

 

猫トリミングのデメリット

猫は暴れると一人での対処は不可能

猫は水が大嫌いな子が多いので、普段はいい子でもシャンプーで大暴れすることは珍しくありません。

そのため、飼い主さんがいい子と言っても、いざシャンプーをいれた暴れるようなら無理をしないようにしましょう。

猫が暴れると一人では抑えられないように暴れ方をするので、無理は絶対にしないようにします。

ケガのリスクが犬よりも数倍高いのが、猫トリミング最大のデメリットです。

 

そもそも、猫はカットが必要ない

猫はある程度の長さになると毛が抜けるので、そもそもカットの必要がありません。

そのため、バリカンを入れてしまうと、毛が生えなくなりリスクもあるので、飼い主さんに事前に説明をする必要があります。

夏場もカットではなく、なるべくエアコンなどで過ごせる環境づくりをするように提案してあげるのもトリマーの仕事の一つです。

 

猫アレルギーのトリマーさんは意外と多い

犬は大丈夫だけど猫アレルギーのトリマーさんは意外と多いです。

そのため、猫トリミングを始めようとしたら、かゆくなったりすることもあるので、確認をしっかりとしておきましょう。

今まで猫と触れる機会が少なかったトリマーさんだと、ガッツリ猫に触れたら猫アレルギーと発覚なんてことも少なくありません。

 

猫トリミングのメリット

単価は1.5万~2万

猫は暴れたり嫌がるリスクがあるので、1.5万~2万ほどの料金をとるトリミングサロンがほとんどです。

時間も犬のカットそこまで変わらないので、効率よく売上を作ることができます。

単価は少し高めくらいに設定をしておくほうがオススメです。

 

いい子だけ受け付ければ、安定した収益源になる

暴れる素振りがある子はすべて断って、安全にできる子だけの受付をすれば、そこまでリスクは高くありません。

猫トリミングをやってほしい飼い主さんは多いので、もし売上が伸び悩んでいたら導入してみるのも一つの手です。

 

今後も猫の飼育頭数が増えているから、お客さんは増える

犬と猫の飼育頭数が逆転をして、今後も猫の飼育頭数が増えていくでしょう。

今後はトリミングサロンの経営が厳しくなるところも増えるのは確定しているので、少しずつ変化をしていく必要があります。

以下の記事では犬と猫の飼育頭数が逆転したトリミングサロンの未来についてnoteを書いたので、よかったら見てみてください。

犬と猫の飼育頭数が逆転をした今、トリミングサロンの未来はどうなる?|ゆう@トリミングサロン集客・トリマー独立支援|note
2018年に犬と猫の飼育頭数が逆転して、今後も猫の飼育頭数が伸びると言われています。 犬の飼育頭数は激減しているの対し、猫は微増といった状況です。 猫はしつけもしなくていいですし、ペットフード代も少なくトリミング代も必要ありません。 アニコムの調査では犬にかける費用は年間34万、猫は16万と発表されていて、犬を...

 

ほとんどのトリミングサロンはやっていなから、ライバルがいない

猫トリミングをしているトリミングサロンはほとんどないので、今からサービスを開始すれば、競合無しで簡単に集客ができます。

犬に比べ商圏も広くなるので、チャンスは大きいです。

いわゆるブルーオーシャンの世界が猫トリミングには広がっています。

 

猫の物販も売れるようになる

猫の飼い主さんが来るようになれば、キャットフードや缶詰など、猫の商品も売れるようになります。

トリミングだけではなく、関連商材の売上げアップも期待できます。

 

まとめ

リスクはありますが、犬の頭数が減っているいま、猫トリミングを始めるのは戦略として正しいと思います。

もちろんリスクもあるので、少しでも暴れるなら無理をせずやめたほうがいいです。

良かったら以下のアンケートに答えてみてくださいね。

コメント

フォローする

Twitter でフォロー