写真での差別化は厳しい時代に突入してきた

最近は当たり前のようにインスタに力を入れているサロンはとても増えたように思います。

当店がインスタを始めた当時はインスタをやられているサロンは少なかったですが、最近ではホームページと同じくらい必須のインスタはツールになりました。

当たり前ですが、多くの店舗の写真のクオリティが上がれば、競合も写真のクオリティをあげている可能性は高いです。

しかも、今の時代、写真のクオリティの高いインスタをフォローしておけば、どんな風に写真のクオリティを上げればいいのかということがすぐにわかる時代です。

だからこそ、写真に力を入れていないサロンと、力を入れているサロンとでは大きな開きが出てきている一方で、力を入れている同志だとどうも差別化に繋がりにくくなったと感じています。

トリミングの写真クオリティに限らず、世界の進む速度が10年前と比べれば本当に世界の進む速度が速くなりました。

この速度についていくのはとても大変ですが、それでも変化を楽しめる人はとてもいい時代です。



写真に力を入れているのが当たり前の時代になってしまったら、個人的に次のステージは動画だと思っています。

動画って編集をすると想像以上に大変で、時間も手間も写真以上にかかってしまうので、全ての店舗が気軽に導入できるわけではありませんが、動画であればまだまだ差別化の余地は残されていると感じています。

動画に関しては編集をしなくてもまだ大丈夫ですし、iPhoneでちょろっと撮影した動画でも喜ばれると思います。


多分、この動画の良さに気がつきだすと、多くの店舗で動画への参入が進むかと思われますが、そうなったら一眼レフなどでクオリティの高い動画撮影が求められるかもしれません。


他と同じようなことをやっていてもお客様の心を奪うことはできないので、常に上に上にと目指す必要があります。

今の時代は常に向上心を持ち続けている店舗は有利に集客できる時代になりましたが、逆にいえば、何も変化していないサロンにおいてはとても大変な時代になりました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる