トリミングサロン売却・譲渡する前に考えたい3つのこと

トリミングサロン売却・譲渡する前に考えたい3つのこと トリミングサロン売上げアップ

トリミングサロンを売却しようとする人はさまざまな理由があると思います。

 

多くは採算が合わないから売却をしようと考えるケースが多いようですが、大半は少し改善をすれば売上が上がる可能性は多いんです。

 

私は色々な店舗を見てきて、少しの改善で黒字幅が大きくなり、そのまま継続して経営をするというオーナーを見てきました。

 

そこで、トリミングサロンを売却する前に、考えてほしい3つのことを紹介します。

 

売上を上げる

トリミングサロンは利益率の高い商売なので、売上を伸ばすのが一番効果的な方法です。

 

ただ、一人で作れる売上の限界は、お店のトリミング料金に依存してしまうケースが多いので、効率的な経営を行うためには売上を上げるだけでは壁にぶつかるでしょう。

 

そこで大事なのが、以下の3点。

  • 単価を上げる
  • 回転率を上げる
  • 集客力を上げる

 

基本的にこの3点は売上を伸ばすことができる大事な考え方。

 

単価を上げる

単純にトリミング料金を値上げするということではなく、オプションなどで単価を自然に上げる方法です。

オプションはいわゆる”付加価値”の提供となり、お客さんにメリットがあります。

 

回転率を上げる

トリミング時間を短縮することで、回転率を上げることができるので、1日1人あたりの頭数を増やすことが可能です。

 

トリミングを早く終わらせるためには、ブローやカットの短縮をすることに注目してみましょう。

 

以下のリンクでは回転率を上げるための具体的な施策を書いています。

>>トリミングサロンの回転率を上げる7つのポイント(前編)

 

集客力を上げる

集客力を上げるためには、以下の3点が大事です。

 

  • 無料、有料広告の活用
  • SNSの活用
  • グーグルマップの検索順位を上げる

 

「お金がかかるから広告は使わないかな」

 

このような考えのトリミングサロンオーナーは少なくないです。

しかし、店舗の周辺飼い主さんがすべてあなたのお店を知っているかと言えば、そんなことはありえません。

 

いくら看板を出していたとしても、通るルートが少し違えば、あなたのお店の存在を看板だけで知ることは難しいものです。

 

そのため、無料や有料の広告を駆使して、まずはあなたのお店の存在を知って貰う必要があります。

 

また、LINE@やインスタグラムは、今はトリミングサロンで必須のツールです。

これらをうまく使いこなすだけで、集客力に圧倒的な差が生まれてしまいます。

活用しているトリミングサロンは、やはり売上を伸ばしていますからね。

 

そして、まだグーグルマップの重要性に気づいているトリミングサロンは少ないので、無料で登録するだけで集客力は大幅にアップします。

 

以下のリンクでは具体的に、集客力をアップする施策を紹介しているので、参考にしてみて下さい。

 

>>トリミングサロンの集客力を上げる5つのポイント(前編)

 

トリミングサロンの売却・譲渡は最終手段です

もし、売却や譲渡を考えている店舗を見てみると、店舗サイトがフェイスブックページだったりアメーバブログだったり、最悪の場合は店舗サイトがないこともあります。

 

今の時代、新規のお客さんは店舗サイトがないトリミングサロンに行くことはよほどのことがない限り行かないと思います。

じつは、ほんの少しの改善で、お客さんが増えるということは珍しくないんです。

 

だからこそ、売却や譲渡は最終手段として、なるべく自力で再建をすることが望ましいと思います。

もちろん、これらの施策で効果が現れるのは、早くても2~3ヶ月ほどはかかるので、今すぐにでも改善を行うことをオススメします。

 

それでも売却・譲渡をするならトリマーJPで探してみよう

トリミングオーナーやトリマーさん御用達の専門サイト、トリマーJPでは店舗譲渡や売買情報のページが用意されています。

 

それでも譲渡をしたい人は、以下のリンクから確認をしてみて下さい。

>>トリミングサロン売却・譲渡をする

コメント

フォローする

Twitter でフォロー