100万で独立!トリミングサロンを開業費用を大公開

27歳でトリミングサロンを100万で開業した内訳を大公開 トリミングサロン開業・トリマー独立

わたしは27歳のときに東京から地方に移住して、夫婦でトリミングサロンを開業しました。

総額100万円の開業資金で地方でトリミングサロンをオープンさせました。

すでにトリミングサロンオーナーの方はわかると思いますが、この100万で開業するのは資金的に厳しいと感じるはずです。

今回は、低予算でトリミングサロンを開業費用の内訳について公開をしたいと思います。

 

開業した立地と場所について

10坪(約20畳)の元喫茶店に内装を入れて、トリミングサロンを開業しました。

トリミング室や休憩室を含めて7割を使って、接客や物販のスペースが3割ほどです。

 

トリミングサロン開業資金内訳

内装費80万

開業費の中で一番高いのがこの内装費80万。

知り合いに大工さんがいたので、これでもかなり安くしてくれたようです…

 

もともと喫茶店をやっていた場所を借りたので、トリミング室と接客する部屋を分けるので、それなりに費用が掛かったようです。

建物は築60年とかなり古いですが、中は今どきのトリミングサロンっぽく仕上げました。

ただ、お金が無かったので、トリミング室はコンクリート打ちっぱなしで、自分たちですべてペンキを塗って節約をしました。

 

2年くらい経ち経営が安定してから、トリミング室の内装を入れて、ようやく店舗が完成した感じです。

 

家賃、敷金、礼金12万

家賃は4万円で、敷金・礼金をあわせて12万でした。

地方でトリミングサロンを開くメリットは、この家賃の安さです。

 

都心だと15万〜20万ほど家賃がかかりますが、地方では4分の1ですみます。

トリミングの単価6,000円ほど、都心でも8,000円ほどだと思います。

 

家賃を支払うのに地方ならば7頭カットをすればいいのに対して、都心では25頭をこなさなければ家賃分を稼ぐことができません。

この差は大きな違いなので、地方でトリミングサロンを開業するメリットは意外と大きいです。

 

シンク代7万

トリミング関連の費用で一番高かったのがシンクです。

サイズは1200×600の大型犬もシャンプーできるサイズを購入

これでもドリーム産業などが作るシンクよりは安いものを選びましたが、シンプルな作りな割には高いです…

ちなみに、スノコは自作をしたのでほとんど費用は掛かってません。

 

トリミングテーブル2台で3万

トリミングテーブルは展示会でオマケをしてくれて安く購入できました。

もちろん、昇降式ではなく、安い固定式のトリミングテーブルです。

 

ただ、男性だと固定式だと腰が痛くなるので、早めに油圧式の昇降タイプのトリミングテーブルに変えることをオススメします。

油圧式は10万〜13万ほどと少し高いですが、腰はトリマーの命でもあるので、早めに購入したほうがいいです。

 

その他のトリミング道具は0円

専門学校時代のときから使用していた、ハサミ・バリカン・ハンドドライヤーなどを使っていたので、場所さえあればトリミングはできる状況でした。

 

内装や道具必要最低限で大丈夫、あとから揃えばいい

お金がない制約の中でどこにお金を配分するかは、経営者の最初の大仕事。

とくに大事なのは、途中で変えることができない立地と家賃です。

内装や道具は途中で変えることはできますが、この立地と家賃は途中で変えることができないので、しっかりリサーチをしましょう。

 

移動式トリミングカーより店舗型のほうが初期費用はかからない

移動式トリミングカーは、車体とは別に改造費では200〜400万ほどかかり、中にはトリミングカーで1000万近くかけた人も知っています。

移動式は店舗とは違い、お客さんの自宅まで向かう必要があるので、トリミング時間と別に移動時間がかかり、効率がかなり悪いです。

 

もちろん、移動式はお客さんからしたら便利ですが、車内は狭くトリミングがするにはかなり大変だと聞きました。

そのため、トリミングカーでの開業はおすすめできません。

以下の記事では移動式トリミングカーの開業のメリット・デメリットを解説しているので、よかったら参考にしてみてくださいね。

移動式のトリミングカー(出張トリミング)でトリミングサロン開業のメリット・デメリット
トリミングサロンの店舗開業資金を貯めるために、移動式トリミングカーで独立を考えてる人は多いようです。 しかし、移動式トリミングカーはメリットもデメリットもあるので、その2つを天秤にかけて決めないと後悔してしまう可能性が… なぜな...

もしお金が無かったら家でやっていたと思う

もしお金が足りなくても、地方に移住することだけは確定していたので、最悪自宅でやっていたでしょう。

それくらいの覚悟と行動力があれば、独立は少額でも簡単にできます。

 

ここまでの低予算で開業しようとした人は少ないかもしれませんが、低予算でも開業できるます。

よかったら以下のリンクを参考にしてみてくださいね。

売上アップに繋がる深い情報はnoteで無料発信中
このブログでは基礎的な部分を中心に記事を書いていますが、noteではより深い部分に切り込んで記事を書いています。 さらに売上を上げたい人はnoteの記事も合わせて読むのがオススメです。 noteもフォローしてもらえれば、最新の情報も届くようになるので、良かったらフォローしてくださいね。
トリミングサロン開業・トリマー独立
この記事が役に立ったらシェア!
yuuをフォローする
トリマーワーカー

コメント

フォローする

Twitter でフォロー