表には出さない濃い情報を読みたいあなたへ…

LINE@登録者限定記事(不定期配信)を読みたい方は、LINE@へ無料登録をしてください。
バックナンバーのパスワードは再配信しないので、早めの登録がオススメです。

LINE@登録者限定情報を受取る

トリミングの送迎をするメリット・デメリット!本当はやらないほうがいい?

トリミングの送迎をするメリット・デメリット!本当はやらないほうがいい? トリミングサロン開業・トリマー独立

トリミングサロンで送迎を行っているところは多いと思います。

当店でも一時期は送迎も考えたことがありましたが、予約で忙しくなったので計画は中止しました。

今考えると正しい選択をしたと思いますし、送迎に関してはよほどのことがない限り行わない予定です。

なぜ当店では送迎を行わないのかを、メリット・デメリットを含めて解説をしていきますね。

 

ただ、基本的には当店は送迎を行っていないポジションから書いてあるので、否定的な意見も多いですが、最終的な判断はオーナー自身で決めるべきものだと思います。

 

送迎のデメリット

往復の送迎時間に対してコスパが悪い

片道20分の送迎を行ったとして、往復で40分はかかってしまいます。

「その時間あればシャンプーができるのに、送迎で人が足りないから予約を断らないといけない…」

 

もちろん、送迎費用として数百円もらうことはできると思いますが、数頭の送迎だとコスパが悪いです。

まとめて1日10頭くらいの頭数の送迎をするなら、送迎をする価値は高いと思いますが、実際はそこまでの頭数をこなすのは現実的ではないと思います。

 

時間単価が下がる

例えば2時間でプードルカット7,000円だとしたら、送迎で往復30分かかるなら2時間半その子に費やしている計算です。

そのため、一頭に費やす時間が増えれば時間単価が悪くなり、収益がうまく伸ばすのが難しくなります。

 

 

既存のお客さんも送迎になってしまう可能性

送迎サービスを始めると、来店されるお客さんも送迎になってしまう可能性があります。

送迎はルートを決めるのも難しく、余計に時間がかかってしまうことは少なくありません。

なるべくは、来店できるお客さんは来店してもらったほうがいいでしょう。

 

送迎時のうんち、おしっこで汚れるリスク

トリミングが終わって家に送りに行くときに、ウンチやおしっこがついてしまったら、引き返してシャンプーをしなければいけないことも…

 

車両代・駐車場代などの諸経費が高い

送迎はハイゼットのような車が必要になります。

また、いろいろなコストが毎月一定金額かかってきます。

  • 車両代
  • 駐車場代
  • ガソリン代
  • 保険代
  • 車検代
  • 洗車代

 

毎月かかるコストを考慮して、送迎を始めないと時間と費用だけ余計にかかってしまうかもしれません。

 

駐禁のリスクがある

都心では駐禁のパトロールをしているため、5分離れているだけでも駐禁をとられるリスクもあります。

コインパーキングに停めても、お金が余計にかかるので、お客さんに車まで迎えに来てもらう工夫が必要です。

 

送迎のメリット

顧客の範囲が広がる

送迎が好きなお客さんも多いので、お客さんの幅は広がると思います。

一番の理想は1回で10頭近い送迎をして、効率よく送迎を行えることです。

 

上手くやれば効率よく沢山のお客さんをこなせる

上手く予約が取れてルートが決まれば、送迎をしないよりも圧倒的な効率を図れます。

送迎のお客さんが多ければ、送迎専門のスタッフを雇ってもいいかもしれないですね。

 

損益分岐点を計算する

例えば、以下地方で送迎を始めるとして、簡単に計算をしてみます。

 

プードルカット2時間6,000円

 

初期投資

  • 中古車両代:50万

 

年間コスト

  • 車両代…10万(5年で乗り換えるとして)
  • 駐車場代…12万
  • 保険代…3万
  • 車検代…6万(2年毎を1年分のコストとして計算)
  • ガソリン代…12万

 

年間コスト…43万

1ヶ月あたりの送迎固定費…3.58万

 

毎月3.5万ほどが送迎を始める費用としてかかります。

 

3.5万円の利益を出すために、最低でも約6頭の送迎を行わなければ赤字です。

しかも、人件費は除外しているので、送迎を行うことで最低20~30頭は月にこなさないと、送迎をやる意味が薄いということになります。

 

もちろん、これはあくまで一例なので、車両購入代や駐車場代の費用が抑えられれば、固定費を下げることは可能です。

 

まとめ:送迎はやったほうがいい?やらないほうがいい?

基本的に送迎はオススメしません。

なぜなら、一度始めてしまうとなかなか辞められなくなってしまうからです。

そのため、なるべくは送迎なしではじめてみて、売上が思うように伸びなかったときに送迎サービスを導入してみるといいでしょう。

 

ただ、送迎をやることで忙しいですが、お客さんお大きく増やすチャンスも眠っています。

そのチャンスを取るか取らないかはあなた次第です。

 

よかったら以下のアンケートに答えてみてくださいね。

コメント

フォローする

Twitter でフォロー