トリマーは新卒か既卒どっちを採用すべき?

トリマーは新卒か既卒どっちを採用すべき? トリマー育成・採用

トリミングサロンを経営していると、新卒か既卒どちらを採用すべきか迷いますよね?

私の知り合いのオーナーは、即戦力で既卒のトリマーを雇いたがっている人が多かったです。

もちろん、既卒は即戦力になるといったメリットがある一方デメリットもあります。

そこで、トリマーの新卒・既卒、どちらを採用すべきかメリット・デメリットを考えてみました。

 

新卒トリマーのデメリット

即戦力にはならない

トリマーオーナーのほとんどは、即戦力を探していると思います。

そのため、新卒のトリマーは専門学校を卒業したばかりなので、雇ったとしてもすぐに即戦力になることは難しく、避けるオーナーもいるくらいです。

 

育てるまで時間とコストがかかる

新卒の場合、グルーミングはある程度できても、カットになるとまだまだな部分が多いです。

そのため、一人で仕上げるよりも余計に時間がかかってしまい、効率が悪くなるので負担が大きくなります。

3年間はじっくり育て上げる必要があるので、時間とコストが大きくかかります。

 

新卒トリマーのメリット

新卒トリマーはお店の色に染めやすい

新卒トリマー真っ白なキャンパスと一緒なので、お店の色に染めやすいといったメリットも。

既卒トリマーは他店を知っているので、不満を感じやすくなる場合もあります。

 

とくに地方の場合、新卒であろうと既卒であろうと、トリマーが少ないため、来る者は拒まずで採用にするケースは多いと思います。

その中で、どちらも対応できる環境を整えておくのは大切です。

 

お店の待遇次第では長い間働いてくれる

お店の待遇が悪ければ離職をしてしまうかもしれませんが、お店の待遇に満足できれば、長い間働いてくれる可能性が高くなります。

 

既卒トリマーのメリット

即戦力になる

既卒トリマーを雇う一番の理由は、即戦力になるだと思います。

3年くらい他店でやっているのであれば、一通りすべてを終わらす技術は持っているでしょう。

教える時間やコスト的な面を含めると、新卒より既卒の安定感は高いと思います。

 

既卒トリマーのデメリット

前のお店の方針や技術に左右される

トリマー歴が長くても前のお店の方針やカット内容が、あなたのお店に合わなければ、それを修正する必要がでてきます。

もちろん、ある程度はトリマーさんの権限でカット内容を決めてもいいと思いますが、お客さんの意見が反映されないなどがあってはいけません。

 

給料は高い

新卒を育てるコストを考えれば安いと思いますが、それでもできるトリマーには、それなりの給料が必要になります。

 

離職率が高くなる可能性も

今はどの店のトリマー不足のため、トリマーも辞めても次のお店を探せばいいと考えています。

そのため、お店の待遇や人間関係が悪ければすぐにお店を離れることでしょう。

お店としても、トリマーさんに頻繁に辞められるよりも、長期間働いてもらえるような環境づくりを積極的にしたほうがいいです。

 

結局長期間働いてもらえるほうが、教育コストなどを考えると、コスパが高くなります。

 

新卒・既卒は一長一短、その人を見て決めるほうがいい

新卒でも既卒でもメリット・デメリットがあり、最終的にはその人がお店に合うか合わないかで決めたほうが、結局のところ長続きすると思います。

技術は素晴らしくても性格に難点があれば、お客さんの評判が悪くなるかもしれません。

 

ただ、新卒の子がきても、しっかり育てていくという意思をもっていれば、どちらでも問題ないです。

よかったら以下のアンケートに答えてみてくださいね。

売上アップに繋がる深い情報はnoteで無料発信中
このブログでは基礎的な部分を中心に記事を書いていますが、noteではより深い部分に切り込んで記事を書いています。 さらに売上を上げたい人はnoteの記事も合わせて読むのがオススメです。 noteもフォローしてもらえれば、最新の情報も届くようになるので、良かったらフォローしてくださいね。
トリマー育成・採用
この記事が役に立ったらシェア!
yuuをフォローする
トリマーワーカー

コメント

フォローする

Twitter でフォロー